個人的に必須だったWordPressプラグイン(非ブログサイト用)

◎インストールするプラグインの一例
※固定ページ中心のサイトを構築したケース
※ブログや各ページのボリュームの多い場合は想定せず

インストールについて
◎WordPressのプラグインのインストールについて
●一番簡単なインストール法

何も考えずに可能な方法、でもこの場合でも関連ドキュメントは必読
またこの方法ではインストール出来ないプラグインもあり

  1. 管理画面のサイドメニュー→「プラグイン」→「新規追加」
  2. 右側の画面の「検索」の「キーワード」にプラグイン名を入力して「プラグインの検索」「
  3. 目的のプラグインが見つかったら「いますぐインストール」
  4. ダイアログ「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか ?」に「OK」
  5. 最初のインストール時にはFTPの設定を聞かれるので入力
  6. インストールが完了すると「操作: プラグインを有効化 | プラグインインストーラに戻る」と表示されるので、「プラグインを有効化」
  7. 適宜設定を行なう

プラグインのメニューは通常サイドメニューの「設定」の中
インポート・エクスポート、検索関連は「ツール」の中
アカウント・権限関連は「ユーザー」の中

●上記の方法で出来ない場合:プラグインのZipファイルがある場合

  1. プラグイン配布サイトからダウンロード
  2. 管理画面のサイドメニュー→「プラグイン」→「新規追加」
  3. 右側の画面の「アップロード」
  4. 「ファイルを選択」でZipファイルを選択、「いますぐインストール」
  5. インストールが完了すると「操作: プラグインを有効化 | プラグインインストーラに戻る」と表示されるので、「プラグインを有効化」
  6. 適宜設定を行なう

●FTPソフトで直接アップロードする場合

  1. FTPソフトで「wordpress」→「wp-content」→「plugins」内にアップロード
  2. 理画面のサイドメニュー→「プラグイン」でアップロードしたプラグインを探索
  3. プラグインの名称下の「有効化」をクリック
  4. 適宜設定を行なう

「日本語版」「日本語化」について
◎WordPressのプラグインの「日本語版」「日本語化」について
●「日本語版」だけでは動かない事も
WordPress関連サイトで「日本語版配布」とあっても通常は「言語ファイル」のみ、つまり「日本語化ファイル」のみがほとんど。
通常は本家サイトからプラグイン本体をダウンロードした後、「日本語版(日本語化ファイル)」を所定の階層に配置し、アップロードする。

日本語化ファイルの配置場所は各ドキュメントを参照の事。
プラグインフォルダ内に「lunguage」フォルダがある場合はその中でOK。
通常、日本語化ファイルを置くべき階層に拡張が「.mo」のファイル(言語ファイル)が置かれている。
ただし、稀にプラグイン本体を編集する場合もあるので、必ず配布サイトのインストール方法を確認する事。

プラグインリスト(一例)
◎プラグインリスト(一例)※追加予定あり
※固定ページ中心サイトでの例
※ブログサイト、特に文章量が多い場合や、画像などマルチメディアコンテンツ中心な場合はもっと別なプラグインが必要になる事も。

プラグイン 日本語化ファイル 設定法 参考サイト
Fluency Admin

管理画面使い易く

好きなロゴの表示

× ●WordPress 管理画面をリッチにする「Fluency Admin」

http://technolog.jp/website/cms/3645

Maintenance Mode

メンテナンスモード表示

一時的に閲覧をログイン者に限定し、一般ユーザーにはメンテナンス作業中の旨表示する

標準で日本語表示 ●「設定」→「Maintenance Mode」でメンテナンスモードを「使用」に、その他各種項目を設定

※終了時刻を設定できるがあくまでユーザーへの通知用、自動でメンテナンス終了にはならないので注意

TinyMCE Advanced

入力用ビジュアルエディタ強化、通常のブログサービス並の高機能を実現

表の編集も可能

●TinyMCE Advanced3.2.4 日本語版配布 ※日本語化ファイル

http://lovelog.eternal-tears.c……ced324-ja/

●「設定」→「TinyMCE Advanced」でツールバーのカスタマイズ可能

※標準設定でも使用可能

Contact Form 7

バリデーション機能も装備した万能メールフォーム作成

標準で日本語表示 ●サイドバーの下方に新規に作られる「お問い合わせ」から各種設定

●メールフォームを複数設計可能

●投稿へショートコードで挿入

設定画面に公式サイトへのリンクあり
Search Regex

※構築作業支援、納品時には削除

正規表現にも対応した強力検索置換ツール

投稿した全てのデータを書き換えるため、バックアップが必須

●Search Regex 日本語ファイル ※日本語化ファイル

http://wp.mmrt-jp.net/plugin-j……rch-regex/

●「ツール」→「Search Regex」で設定

※やり直しは出来ないため必ずバックアップを

※正規表現はオプション、初期設定では一般的な検索

※「検索」「置換」はプレビュー、「置換して保存」しない限り実際のデータは変更されない

Import CSV

CSV形式のデータを投稿やページとしてインポート可能

サンプルCSVをカスタマイズすればカスタム投稿にも対応

ただしExelで作成したCSVそのままではエラーとなるため注意

× ●「ツール」→「Import CSV」で設定

※必ず公式サイト( http://wordpress.org/extend/pl……ル確認

※必ず文字コードUTF-8、改行コードLF、日本語はクォートで囲う事

●WordPressの一括投稿と重複削除のプラグイン

http://aki789.6.ql.bz/?p=64

My Link Order

WP標準の「リンク」の並べ替えを直感的に行なえるツール

ただし、ウィジェットが必須

●WordPress用プラグイン「My Link Order」の日本語化の方法 ※日本語化ファイル

http://iwaim.beering.be/blog/2……24/55.html

※予めウィジェットを有効化しておく

●「リンク」→「My Link Order」で並び替えて確定

●「外観」→「ウィジェット」でリンクを表示したいウィジェットを選び、左側から「My Link Order」をドラッグアンドドロップ

●必要に応じて詳細設定をする

Meta box editor

WPのメタボックス(カスタムフィールド、ディスカッションなど)を必要に応じて非表示に

インターフェースに慣れない人向け

標準で日本語表示

●「管理画面のメタボックス表示・非表示を切り替えるプラグイン」

http://spais.jp/wordpress-plug……box_editor

←のリンク参照

※カスタム投稿には非対応、ページだと一部無効?

Role Manager

※Meta box editorと併用OK!

アカウント(管理者や編集者)毎に細かく権限を設定可能

設定項目が多岐に渡るが、初めは初期設定のままでも問題無い

操作に不慣れorコア部分に触れて欲しくないユーザーからメニュー項目を隠す事も可能

最新版は標準で日本語表示(?)

一応日本語版も

●WordPress Plugins/JSeries » Role Manager 日本語版 ※若干古い(v2.1.1)がプラグイン本体も込み

http://wppluginsj.sourceforge…….e-manager/

まずは→を参照の事。

「ユーザー」の中に設定項目が出来るが、とにかく項目が多い。

(主に編集するのは「役割グループ」)

●WordPress – 権限管理プラグイン「Role Manager」

http://technolog.jp/website/cms/2084

※日本語化ファイルの配布もあり

Related posts

タグ: ,

コメントは受け付けていません。